院長メッセージ

院長からのメッセージ

院長写真

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
院長の陣内 謙一です。

当院は、私自身がつらい野球肘を経験したことが接骨院を始めるきっかけになりました。

私が野球を始めたのが小学4年生の時で、プロ野球選手を目指し日々練習に励んでいましたが、小学6年生で肘を痛めてしまいました。肘を治す為に病院への通院をしました。病院での治療といえばレントゲンを撮って、湿布を処方してもらうだけでした。一向に改善しないまま2年ほど時が経ち、痛みを我慢し野球をしている時に、友人から接骨院に一度行ってみたらと言ってくれました。最初は半信半疑な気持ちでしたが一度通ってみようと思いました。

すると接骨院では肘に電気治療をしたり、ストレッチやマッサージをしてくれて、テーピングをしてくれたことにより痛みが軽減され何とか野球ができるくらいになりました。

その当時の自分の中ではかなり衝撃的な出来事でした。私の肘は「離断性骨軟骨炎」という怪我で結局完治には至らず、高校1年の夏に肘の手術をしました。そこから辛いリハビリを1年ほど行いその時にふと思いました、「最初からしっかりした治療を受けていればこんな辛い思いをしなくてよかったんじゃないか?」

その思いが当院の治療のコンセプトである

患者様が最初に選ぶ接骨院

の始まりでした。

皆さんは身体に不調を感じたらまず病院へいく方が多いと思います。

病院ではレントゲンを撮って、湿布を処方されます。また1週間後に来てくださいねと。

この治療が皆さんは正しいと皆さん思うはずです。

ですが、中々症状が改善せずに接骨院に来る方も多くいます。

そのようなことが無いように、まず身体に不調があったら「まず最初に陣内先生に診てもらおう」と思って頂けるように日々努力しています。

患者さんが最短で完治出来るように症状によっては、私が元々救急指定病院で勤務していた・整形外科・リハビリテーション科・手の外科で働いていた経験を生かし各種プロへ紹介することもしています。

患者様の辛い症状を改善へと正しく導いて行くことが私の使命であると考えています。

つらい症状で悩んでいる人を1人でも多く助けたいという思いで開院しました。

不調が発症する原因は、骨格の歪みに加えその方の生活習慣など様々な要因が関係しています。
一刻も早く不調から開放され健康な身体を取り戻すためには、その原因を的確に見つけ出し解消していくことが大切です。

あなたの症状を改善に導くため、当院は徹底したカウンセリングと検査で原因を特定し、お身体の状態に合った施術を提案させていただきます。

はじめてのところは色々な不安があると思いますが、当院ではお得な初回特典もご用意しておりますので、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

豊明接骨院

〒470-1111愛知県豊明市大久伝町南5-16マーベラスNAKANO1F